大阪産業大学学会 論集データベース

検索結果

検索結果よりさらに絞り込む 検索ヘルプ
論集タイトル
論文タイトル
論文著者
論集発行年月  〜 

7件中 1-7件 表示 1
足立 崇 / 人文科学編122
日本統治時代初期台湾の第一次蘭嶼調査に関する研究
<著者名>  足立 崇
<発行年月> 2007年06月
<ISSN> 0287-1378
<概要表示>
 Lan Yu (Orchid Island in English)is a small island, 74km off the southeast coast of Taiwan. In this island the Yami situate their villages in gentle slopes at the foot of mountains. When it was under Japanese occupation(1895-1945), the Japanese Government established a police station and schools in Lan Yu. But the Yami culture remained for five decades. It is because going to the island was limited by Japanese Government. It is in 1897 that Japanese Government made the first investigation of Lan Yu. In this paper I will clarify the details of this investigation.
論文を詳しく見る
足立 崇 / 人文科学編122
日本統治時代初期台湾のベンジャミン・セオール号事件に関する研究
<著者名>  足立 崇
<発行年月> 2007年06月
<ISSN> 0287-1378
<概要表示>
 On 4th October 1903 the American ship Benjamin Sewall was struck by typhoon. On 5th October the body of ship was broken, the crew necessarily abandoned the ship. They managed to get into the lifeboat and came in sight of Lan Yu island. Lan Yu (Orchid Island in English) is a small island, 74km off the southeast coast of Taiwan. On nearing Lan Yu, they were surrounded by Yami's canoes. The crew received terrible treatment by Yami people. Therefore a force of Japanese police was dispatch to Lan Yu to punish Yami people on 28th January 1904. In this paper I will clarify the details of this incident.
論文を詳しく見る
鈴木 章能 / 人文科学編122
テクストの「はぐらかし」に抵抗するとき─ゴードン・リッシュ著「はぐらかし」の反理論性を読む─
<著者名>  鈴木 章能
<発行年月> 2007年06月
<ISSN> 0287-1378
<概要表示>
A postmodernist Gordon Lish published a short-short novel “The Merry Chase” in 1985. The text is characterized by complaints from the narrator “I,”who complains to “you” from beginning to end. For a reader to understand the complaints, he or she must first understand what the antecedents of the pronouns are, and then determine the meaning of the complaints. However, the reader will not find the referents of the pronouns in the text. Still, Jack Derrida’s language-related thoery helps the reader to understand the complaints. The theory can explain that it is a complaint of the text whose meaning is determined and thus, as scholars point out, “The Merry Chase” is a work of metafiction which shows that there is no meaning in a text. However, when a reader does read in fact “The Merry Chase” with Derrida’s theory in mind, he or she faces sentences which states that the text itself wants the reader to find “the unvarnished truth” (“The Merry Chase,” 50) in the text. The best explanation for this fact can be found in Walter Benn Michaels’ discussion of the interpretation of literary texts. According to his explanation, when a reader reads a text, he or she regards each of the words not as just a shape but as something that has a meaning. It leads the reader to imagine the subject behind the signifiers─the one who wrote them─and to try to accept the message from that subject. It is natural as a reader’s response to a text even if he or she admits that Derrida’s theory related to language is true. Thus, a reader can explain the meaning of a literary text through Derrida’s theory, although such an explanation is contradictory to his theory. This view leads us to the interpretation that “The Merry Chase” is metafiction which embodies not Derrida’s theory but a reader’s natural response to a literary text─reading a text and trying to determine its meaning─ and the natural demands that the text makes of the reader.
論文を詳しく見る
東 好男 / 人文科学編122
─『「免罪符売りの話」の初め,序,と物語』用語索引(4)─
<著者名>  東 好男
<発行年月> 2007年06月
<ISSN> 0287-1378
論文を詳しく見る
藤永 壯,高 正子,伊地 知紀子,鄭 雅英,皇甫 佳英,高村 竜平,村上 尚子,福本 拓,塚原 理夢,李 陽子 / 人文科学編122
解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(4・上)─李健三さんへのインタビュー記録─
<著者名>  藤永 壯,高 正子,伊地 知紀子,鄭 雅英,皇甫 佳英,高村 竜平,村上 尚子,福本 拓,塚原 理夢,李 陽子
<発行年月> 2007年06月
<ISSN> 0287-1378
<概要表示>
 本稿は,在日の済州島出身者の方に,解放直後の生活体験を伺うインタビュー調査の第4回報告である。かつて私たちは3回分の調査報告を『大阪産業大学論集 人文科学編』第102?105号(2000年10月,2001年2月,6月,10月)に掲載したが,メンバーの就職,留学などの事情でしばらく活動を中断していた。その後,2005年より新しいメンバーを加えて調査を再開させることができ,その最初の成果が本稿ということになる。なおこの調査の目的や方法などは,「解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(1・上)」前掲『大阪産業大学論集 人文科学編』第102号,に掲載しているので,ご参照いただきたい。  今回の記録は,東大阪市在住の李健三さん(仮名)のお話をまとめたものである。李さんは1937年,大阪市のお生まれだが,ご両親は,韓国・済州道済州市朝天邑新村里(現行の行政地名)のご出身である。また,インタビューには妻の張玉蓮さんが同席してくださった。張さんは1934年,済州道済州市禾北洞(現行の行政地名)のお生まれである。(済州道は2006年7月1日より「済州特別自治道」となり,北済州郡は済州市に,また南済州郡は西帰浦市に統合された。したがって現行の行政地名は,前3回の調査報告時から変更されている場合がある。)  インタビューは2006年4月29日,東大阪市の李さんのご自宅で,藤永壯・高正子・伊地知紀子・鄭雅英・皇甫佳英・高村竜平・福本拓・塚原理夢の8名が聞き手となって実施し,これに村上尚子が加わって,テープ起こしと第1次編集をおこなった。李さん,張さんに第1次編集原稿をチェックしていただき,テープ起こしに際しての不明箇所を確認するため,2007年2月19日,藤永が再度李さん宅を訪問した。鄭と伊地知が全体の整理と校正,村上と藤永が用語解説,鄭と高がルビ校正,福本が参考地図の作成,藤永が最終チェックを担当した。なお李さん,張さんご夫妻の三女・李陽子さんには,インタビューに同席していただき,確認作業でも多大なご協力をいただいたため,記録者の一員としてお名前を掲載させていただくことにした。以下,凡例的事項を箇条書きにしておく。(1)本文中,文脈からの推測が難しくて誤解が発生しそうな場合や,補助的な解説が必要な場合は,[   ]で説明を挿入した。(2)とくに重要な歴史用語などには初出の際*を付し,本文の終わりに解説を載せた。なお前3回の調査報告からかなり時日が経過しているため,今回は以前掲載した用語も再掲することとした。(3)朝鮮語で語られた言葉は,一般的な単語や固有名詞などの場合には漢字やカタカナで,特殊な単語や文章の場合はハングルで表記し,日本語のルビをふった。(4)インタビューの際に生じたインタビュアー側の笑いや驚きなどについては,〈   〉で挿入した。
論文を詳しく見る
宮田 実 / 人文科学編122
アメリカの大学:40年の変遷─『高等教育クロニクル』の記事より─
<著者名>  宮田 実
<発行年月> 2007年06月
<ISSN> 0287-1378
論文を詳しく見る
大川 俊隆 / 人文科学編122
『二年律令』の文字学
<著者名>  大川 俊隆
<発行年月> 2007年06月
<ISSN> 0287-1378
論文を詳しく見る

論文検索

論文全体検索

本文から検索する
検索ヘルプ
論文キー検索
論集タイトル/論文タイトル/論文著者/論集発行年月でも検索できます!
論集タイトル
論文タイトル
論文著者
論集発行年月
検索ヘルプ
  • CiNii NII論文情報ナビゲーター
  • WebcatPlus
  • NIIREO NII電子ジャーナルリポジトリ
  • SSRN